瞬間チャージ利用規約

第1条(目的)

  • 本規約は、楽天キャッシュ【基本型】を利用する会員が、楽天Edy株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する第3条に定める瞬間チャージサービス(以下「本サービス」といいます。)を利用する場合に遵守すべき事項を定めたものです。
  • 会員が本サービスを利用する場合は、本規約に加え、楽天キャッシュ【基本型】利用規約(https://cash.rakuten.co.jp/Guidance/GuidanceCashAgreement/、以下「原規約」といいます。)が適用されることに同意するものとします。
  • 本規約に定めがない事項は、原規約で定めるところによるものとします。なお、原規約と本規約の内容が矛盾・抵触する場合には、本規約の内容が優先するものとします。

第2条(定義)

本規約において、次の各号の用語は、それぞれ各号に定める意味を有するものとします。

  • 「登録者」とは、第3条に定める登録手続を行い、本サービスを利用する会員をいいます。
  • 「提携先事業者」とは、自己又は自己の加盟店等のサービスにおいて本サービスの提供を希望する事業者で、本サービスの利用条件を定めたうえで、当社が承諾した者をいいます。
  • 「対象サービス」とは、当社又は提携先事業者が会員に対して提供するサービスのうち、当社が本サービスの利用対象として認めたものをいいます。

第3条(本サービスの概要)

本サービスの内容は次の各号のとおりです。なお、本サービスで利用可能なクレジットカードの種類及びクレジットカード会社並びに本サービスを利用可能な条件及び加盟店については、当社が別途定めるものとします。

  • 本サービスは、登録者が、当社が別途定める利用条件のもと、対象サービスを利用した場合において、楽天キャッシュの残高が決済代金に満たない場合その他当社が別途定める条件を充足した場合に、当社所定の手続に従い登録者が設定した発行希望金額(以下「瞬間チャージ額」といいます。)相当の楽天キャッシュ【基本型】が自動的にチャージされたうえで利用されるサービスです。
  • 本サービスの利用を希望する会員は、当社、クレジットカード会社及び提携先事業者(以下「当社等」といいます。)所定の手続に従い、当社所定の選択肢の範囲で瞬間チャージ額を指定のうえ、その他当社所定の事項を設定又は入力することにより、本サービスの利用登録(以下「登録手続」といいます。)を行うものとします。
  • 当社は、本サービスを利用してチャージが可能な月あたりの楽天キャッシュ【基本型】上限額又は登録者が設定可能な上限額の範囲を定め、登録者に通知するものとします。
  • 本サービスの利用による楽天キャッシュ【基本型】の発行対価は、当社等所定の手続に従い登録者が当社等に登録したクレジットカードによって決済するものとします。
  • 登録者は、本サービスの利用停止を希望する場合は、当社等所定の方法に従い利用停止手続を行うものとします。また、登録者は、利用停止手続を行った後あらためて本サービスの利用を希望する場合には、当社等所定の方法に従い本サービスの利用を申し込むものとします。
  • 登録者は、登録者が前号に定める利用停止を申し込んだ後、当社等所定の手続による設定の反映が完了した場合にのみ利用停止ができます。また、登録者が瞬間チャージ額等の変更を申し込んだ場合も同様とします。なお、設定の反映が完了しない場合においては、従前登録された情報によって本サービスの提供がなされるものとします。
  • 本サービスの利用に際しての詳細は、当社及び提携先事業者のウェブサイト等で掲示しております。

第4条(チャージ金額の上限)

当社等は、前条の定めに関わらず、本サービスの提供により発行される楽天キャッシュ【基本型】の上限額を設定することができるものとします。

第5条(利用停止手続)

本サービスの利用に必要な会員ID及びパスワード並びにクレジットカード情報等の詐取・漏洩等があった場合、登録者は、当社等のホームページその他媒体に掲載された方法により、ただちに本サービスの利用停止手続を行うものとします。なお、当該手続に基づく利用停止に伴い、本サービスの利用登録は解除され、その時点に有する残高につきましては、当社による安全確認後、原規約に基づき利用できるものとします。

第6条(当社による本サービスの提供の停止)

  • 当社は、次の各号に該当する場合には、登録者に事前に連絡することなく本サービスの提供を停止することができるものとします。
    • 楽天キャッシュに関するサービスの利用が停止された場合
    • 会員の利用資格が取り消された又は喪失した場合
    • 本サービスの利用が最後にあった時点から、当社等の所定する期間を経過しても本サービスが利用できる加盟店での楽天キャッシュ【基本型】の利用がなかった場合
    • クレジットカードの有効期限が経過した場合
    • クレジットカード会社が、登録者のクレジットカードの利用を停止した場合
    • 当社等が、楽天キャッシュ、本サービス、対象サービス又はクレジットカード等の不正使用の疑い又はそのおそれがあると判断した場合
    • その他当社等が本サービスの提供の停止を必要と判断した場合
  • 前項第3号及び第4号に掲げる場合において、登録者が引き続き本サービスの利用を希望する場合には、第3条に定める登録手続を行う必要があります。特に、前項第4号に該当する場合においては、新たに発行されたクレジットカードで登録手続を行うものとします

第7条(免責事項)

  • 当社は、登録者が申込時に設定した金額を正として楽天キャッシュ【基本型】の発行を行い、登録者が意図しない瞬間チャージ額を選択する等の結果、登録者に生じた損害について、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、責任を負いません。
  • 当社は、前条及び第8条第1項に関連又は起因して生じた登録者の損害について、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、責任を負いません。
  • 当社は、第5条に定める場合に、登録者が同条に定める手続によって本サービスの利用を終了しなかったときは、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、本サービスの利用に必要な会員ID及びパスワード並びにクレジットカード情報等の詐取・漏洩等に起因して登録者及び第三者に生じた損害(第三者による不正な利用に関連又は起因する損害を含みます)について、責任を負いません。
  • 当社は、本サービスの提供に関連又は起因して、登録者に対して損害賠償責任を負うこととなった場合には、当社の故意又は重大な過失による場合を除き、登録者に現実に生じた通常かつ直接の範囲の損害に限り、これを賠償し、特別な事情から生じた損害(逸失利益等を含みます。)については責任を負わないものとします。

第8条(サービスの変更、停止又は終了)

  • 当社は、法律の改廃、社会情勢の変化、天災等の不可抗力その他やむを得ない事情がある場合には、登録者に事前の告知なく、本サービスの全部又は一部を変更、停止、又は終了することができるものとします。
  • 第6条に定める場合に加え、当社は、停電、通信回線の事故、システム上の不具合、緊急メンテナンスの発生、その他やむを得ない事情により、登録者に事前の告知なく、一時的に本サービスを停止することができるものとします。
  • 前2項の場合、当社は、当社ウェブサイトにその旨を掲載するなど、当社所定の方法により会員に周知する措置をとるものとします。

第9条(規約の変更)

  • 当社は、法律の改廃、社会情勢の変化、天災等の不可抗力、本サービス運営上の都合等により、本規約を変更又は廃止(以下「変更等」といいます。)することができます。
  • 当社は、本規約の変更等を行う場合、その内容及び効力発生時期をあらかじめ当社ウェブサイトへの掲載その他当社所定の方法により会員に告知するものとします。
  • 本規約の変更があった場合、登録者が、本規約の変更後に本サービスを利用したときは、当該変更後の規約内容に同意したものとみなされます。

以上

2020年11月30日制定